電子機器・機械の設計・試作ならアシステック

身近な疑問を科学する

プラキャップの謎

今度はプラキャップです。


前回のプラポンプと同じく、樹脂でできたキャップですがコレにもスゴイ技術、技術者のチエが潜んでいるんですね。


プラキャップ


そのキャップはこれ。(黒い部分は無視してね)


プラポンプと同じく、液体の容器に使われていますね。パチンとキャップをあけて、容器を掴んで押し出すヤツです。プラポンプの場合は容器自体が堅くて押せませんが、このキャップのついている容器は押しやすいように薄く柔らかくできています。


 


プラポンプが、一定量を手で受けて取り出すのに向いているのに対し、このキャップは対象物めがけて直接かける用途に向いているわけですね。ケチャップをオムライスにかける、なーんてね。


さて、
このキャップは一体構造で、一度の成型でできあがりです。写真のような開いた状態で成型されるんです。



どこがスゴイかというと、写真のL字型になった部分。
手にとってみればよくわかりますが、キャップをゆっくり開けていくと、このL字部分が開いて最後にまた閉じます。L字は直角状態に戻ろうとするので、キャップ開・閉の状態で止まってくれるわけです


その時のクリック感がたまらないですね。キャップとしての機能もさることながら、このクリック感の良さは絶妙です。キャップを開けるたびに「ホゥー」とメカ屋の悦びを覚えます。(^^;;


(つづく)


 

この記事はコメントを受け付けていません。

お客様へ

  • 無料相談
  • ご依頼について

パートナー様へ

  • 技術者独立起業支援
  • アライアンスパートナー募集

「困った」に出会ったら、すぐにお問い合わせください!
ZOOMでどこでも飛んでいきます

日本全国どこでも対応可能!

zoom

図面やサンプルを見ながらのお打合せをご希望の方は、ZOOMにてオンラインで打合せさせて頂きます。お急ぎの方は今すぐお電話を!

0667817021
メールでのお問い合わせ
メールでのお問い合わせメールでのお問い合わせ
TOPへ
オンライン相談