電子機器・機械の設計・試作ならアシステック

身近な疑問を科学する

アルミ缶とスチール缶

さて、アルミ缶とスチール缶。
市場で共存しているのにはワケがあります。それぞれ一長一短があるからなんですね。加工のしやすさ、重さ(コーヒーなんかは重い方が高級感がありますね)、耐食性(アルミ缶は酸に弱い)、リサイクル性、、、


アルミ缶は基本的に内圧のかかるものに使用するんですね。炭酸飲料です。アルミは強度が弱いので、内圧がないとつぶれやすい。缶ビールも、「プシュッ」と栓を開けると缶はヘニョヘニョでしょ。炭酸飲料でないものに使用する場合は、わざわざ窒素ガスを封入して内圧をかけているんです。


<新技術で生まれた缶>右)東洋製罐が開発したTULK(タルク)缶。一滴の水も使わず、CO2の排出量も1/3以下。底が白いのが目印。左)アルミのボトル缶。ペットボトルとの競争が生み出した高度な技術である。” hspace=8 src=”http://www.oikura.co.jp/image/ecoreport/009/photo_009_02.jpg” width=185 align=left vspace=5></P><br />
<P> </P><br />
<P>ちなみにそれぞれの重さは、</P><br />
<P>アルミ缶15g</P><br />
<P>スチール缶25g</P><br />
<P> </P><br />
<P>やはりアルミ缶は軽いですが、<BR>それでも1円玉15枚分はあるのですね。</P><br />
<P> </P><br />
<P>***</P><br />
<P>しばらく缶の話題が続いてしまいましたので、今日で終わりにしますね。</P><br />
<P>さて、<BR>明日は何を話そうかなあ。</P><br />
<P class=MsoNormal style=――――メカトロ商品設計請負 ASSIST TECHNOLOGY――――
         
    商品開発・設計支援、技術者応援
————————————————
『アシステックのホームページ。見てね。』
http://www.assistec.jp
————————————————
『”和太鼓のススメ” 和太鼓のブログ好評連載中!』
http://taikohien.exblog.jp/
————————————————
『タカのライフワーク 和太鼓「飛炎」のサイト』
http://www.wadaikohien.com/
————————————————
『スカイプをお使いの方はコチラまで』
スカイプID : assistecjapan
————————————————

有限会社アシステック 代表取締役 伊藤 隆康

――――メカトロ商品設計請負 ASSIST TECHNOLOGY――――

この記事はコメントを受け付けていません。

お客様へ

  • 無料相談
  • ご依頼について

パートナー様へ

  • 技術者独立起業支援
  • アライアンスパートナー募集

「困った」に出会ったら、すぐにお問い合わせください!
ZOOMでどこでも飛んでいきます

日本全国どこでも対応可能!

zoom

図面やサンプルを見ながらのお打合せをご希望の方は、ZOOMにてオンラインで打合せさせて頂きます。お急ぎの方は今すぐお電話を!

0667817021
メールでのお問い合わせ
メールでのお問い合わせメールでのお問い合わせ
TOPへ
オンライン相談