電子機器・機械の設計・試作ならアシステック

身近な疑問を科学する

バブで出てきた炭酸ガス分子の数

さて前回は、バブの気泡を容器に集めたら一錠で2リットルのガスが発生した、というところまででした。


今回は、この気体に含まれる分子の数を推定してみるんですね。


そんなことできるのかって?
化学反応の中でも気体については結構簡単に推論出来るんですよ。


「モル」という単位をご存じでしょうか。高校の化学の時間に習いましたね。モルというのは、ある一定の分子の数を表す単位で、


アボガドロさん1モル=6.02×1023 (個の分子)の集まり


を指しています。
これをアボガドロ数というのですが、イタリアのアボガドロさんが大昔に見つけたんですね。


で、どのような分子でも1モルの気体の体積は約22.4リットルだと言うこともわかっちゃった。
これってめっちゃ便利なんですね。元素の種類に関係なく1モルは22.4リットルなんですから、どんな気体でも当てはめることができちゃう。


だから、バブで出てきたガス(2リットル)は、1モルが22.4リットルなんだから0.09モルと言うことになるんですね。



これを分子の数で言うと、0.09x6.02x×1023 =5x1022個。
つまり炭酸ガス分子の数は5x1022個あるというわけ。バブ一錠でこんなにたくさんの炭酸ガス分子が出てきたんですね。

この記事はコメントを受け付けていません。

お客様へ

  • 無料相談
  • ご依頼について

パートナー様へ

  • 技術者独立起業支援
  • アライアンスパートナー募集

「困った」に出会ったら、すぐにお問い合わせください!
ZOOMでどこでも飛んでいきます

日本全国どこでも対応可能!

zoom

図面やサンプルを見ながらのお打合せをご希望の方は、ZOOMにてオンラインで打合せさせて頂きます。お急ぎの方は今すぐお電話を!

0667817021
メールでのお問い合わせ
メールでのお問い合わせメールでのお問い合わせ
TOPへ
オンライン相談