電子機器・機械の設計・試作ならアシステック

身近な疑問を科学する

レーザ光は目に危険?

レーザ光はその危険性ゆえにJIS安全基準が定められているんですね。

 レーザ安全基準(日本)レーザ安全基準
日本の場合、安全基準は7段階に分類されています。


そもそもレーザ光が危険なのは目に損傷を与えるからで、レーザ加工などに用いられる「クラス4」のパワーレーザ以外はすべて目に対する危険性を基準に分類されているんです。


ではどうして目に危険なのか。


目で直視した場合、レーザ光は水晶体を通過して網膜に達します。厳密には波長にもよるのですが、もともと光なので透明な水晶体は通過して網膜上に照射されるんですね。


問題はその時の範囲とパワー。網膜上で小さな一点に結像したある程度のパワーだとその部分が損傷するんです。動物実験の映像を見たことがありますが、照射したとたん眼底から血がにじみ出てきます。ウエーッ。実は私も仕事で赤外のクラス3Bのレーザ光を何度か目に入れたことがある!が、いまのところ血はにじんでません。


なので、目に対する危険性だけでも細かく6段階に分類しているんですね。


その判断基準は、パワー、波長(色)、連続光かパルス光かなどで小難しい計算式で算出しなければなりません。中でもおもしろいのは可視光(目で見える波長)の場合にはマバタキすることを想定して決められていることですね。にらめっこしたらどうすんねん。


レーザ警告ラベル2



レーザを使う機器にはこの安全基準を示すラベルが必ず貼られています。
レーザ警告ラベル1
DVDレコーダーやレーザポインターが手元にあったら一度見てみてください。いずれもクラス1の黄色いラベルが貼られているはずです。


レーザーポインターが出たてのころは輸入品でクラス3のものも平気で売られていました。よほど条件がはまらない限り大丈夫ですが注意した方がよいですね。


私の持っているレーザポインタ(クラス3A)


レーザポインタ(クラス3A)


 


 


 


―”アイデアをカタチに”メカトロ商品開発・設計・製作 ASSIST TECHNOLOGY―
————————————————–
『アシステックのホームページ』
http://www.assistec.jp
————————————————–
『”和太鼓のススメ” 和太鼓のブログ好評連載中!』
http://taikohien.exblog.jp/
————————————————–
『私のライフワーク 和太鼓「飛炎」のサイト』
http://www.wadaikohien.com/
————————————————–
(株)アシステック 伊藤 隆康 
 

この記事はコメントを受け付けていません。

お客様へ

  • 無料相談
  • ご依頼について

パートナー様へ

  • 技術者独立起業支援
  • アライアンスパートナー募集

「困った」に出会ったら、すぐにお問い合わせください!
ZOOMでどこでも飛んでいきます

日本全国どこでも対応可能!

zoom

図面やサンプルを見ながらのお打合せをご希望の方は、ZOOMにてオンラインで打合せさせて頂きます。お急ぎの方は今すぐお電話を!

0667817021
メールでのお問い合わせ
メールでのお問い合わせメールでのお問い合わせ
TOPへ
オンライン相談