電子機器・機械の設計・試作ならアシステック

身近な疑問を科学する

LD(レーザーダイオード)とLEDの違い

DVDレコーダーに使われている電子部品『LD(レーザダイオード)』とその操作パネルに使われている『LED(発光ダイオード)』。いずれも半導体素子ですがその違いはなんでしょう。前にもちょっとお話ししましたが、もうすこし詳しくお話ししてみますね。


LEDとLDの略語の意味ですが、


LEDはLight Emittng Diodeの略で文字通り発光ダイオード。
LDはLASER Diodeの略で、また”LASER”はさらにLight Amplification by Stimulated Emission of Radiationの略なんですね。日本語では「誘導放出による光の増幅」と訳されます。


LED素子LEDの方は半導体内で電子と正孔が出会った時に放出される光を光源としているんですね。まあ、こちらは何となくわかりますよね。恋に落ちた情熱的な電子さんと正孔さんが、ふと出会って激しく輝いてる、ってことですね。


 


 


 


LD素子一方、LDの方はやや複雑なんです。
発生した光をそのまま放出するのはもったいないから、まずは半導体の中に閉じこめておいて共振させちゃう。”共振”とは簡単に言うと、燃えよドラゴンの映画のラストシーンにあるような鏡の部屋に閉じこめて何度も何度も往復反射させる。するとそのうちにだんだんと純粋な光になっていくので頃合いを見計らって外に放出させる、というわけです。


なので、レーザ光は単一波長で直進性に優れたコヒーレントな光なんですね。


おそらく10年後には蛍光灯や電球は姿を消して、懐中電灯やヘッドライトはすべてLEDに、記録や加工/計測に使われているレーザーはもっともっと幅広い分野に拡がってますます私達の身近な存在になっていきますね。

―”アイデアをカタチに”メカトロ商品開発・設計・製作 ASSIST TECHNOLOGY―
————————————————–
『アシステックのホームページ』
http://www.assistec.jp
————————————————–
『”和太鼓のススメ” 和太鼓のブログ好評連載中!』
http://taikohien.exblog.jp/
————————————————–
『私のライフワーク 和太鼓「飛炎」のサイト』
http://www.wadaikohien.com/
————————————————–
(株)アシステック 伊藤 隆康

この記事はコメントを受け付けていません。

お客様へ

  • 無料相談
  • ご依頼について

パートナー様へ

  • 技術者独立起業支援
  • アライアンスパートナー募集

「困った」に出会ったら、すぐにお問い合わせください!
ZOOMでどこでも飛んでいきます

日本全国どこでも対応可能!

zoom

図面やサンプルを見ながらのお打合せをご希望の方は、ZOOMにてオンラインで打合せさせて頂きます。お急ぎの方は今すぐお電話を!

0667817021
メールでのお問い合わせ
メールでのお問い合わせメールでのお問い合わせ
TOPへ
オンライン相談