アシステック ホーム  >   商品開発の流れ

業務の流れ

ご依頼いただいた業務は以下のような手順で進めていきます。業務によって手順内容が変わりますので、各項目をご参照ください。

STEP1 構想・企画

開発設計する商品の機能や性能の企画案は、これから創ろうとする商品に対するクライアント様の「想い」のイメージ具現化案です。
アシステックはこの商品企画書作成のお手伝いを致します。
エビデンスとしての市場調査、競合商品調査、またプレゼン資料の作成や企画書の作成など時間と工数のかかる面倒な作業をご担当者様に換わってお引き受け致します。

構想・企画の工程(部分請負項目)

工程 内容 アウトプット
自社商品分析または市場分析 従来商品を見直しし、対象ユーザ(分野)を見極めます。 企画構想資料
商品開発の方向性 どの業界にアプローチするのか
どの分野に供給するのか
どのようなコンセプトで開発するのか
企画構想資料
市場調査
ニーズ調査
競合他社調査など
ユーザの固有名詞を明確にし、真のニーズを把握します。
ライバルメーカーの強み弱みを見極めます。
市場調査資料
競合他社比較調査資料
商品企画の策定 売れる商品となるための根拠を設定し、売れる商品を企画します。 商品企画書
商品仕様の絞り込み 機能・性能の商品仕様を数値化して商品仕様書を作成します。 商品仕様書
試験評価項目の設定 設計に先立ち、分野、業界、用途に合わせた試験評価項目・条件を設定し、設計指標とします。 品質評価項目設定書

STEP2 開発・設計

ここではまず商品企画書で設定された機能や性能を元に設計仕様書に落とし込み、具体的な設計目標値を決めます。
設計仕様書が出来たらいよいよ設計。まずは全体構想を練り、システム設計に基づき詳細設計をして機構図面、回路図面、ソースコードなどのアウトプットを制作します。

開発・設計の工程(部分請負項目)

工程 内容 アウトプット
設計仕様の策定 商品仕様を基に、設計課題の抽出、設計としての仕様の作成を行います。 設計仕様書
構想設計 設計思想の構築、全体システムの構想を行います。 設計構想図
基本設計 設計思想に基づき、商品全体のシステムや意匠を設計します。 システム設計図
外観デザイン図
部分設計 システム設計に沿って、筐体・機構・実装設計、回路・基板設計、ソフトウエアなどを設計し、必要に応じて機能モデルを製作し、確認します。 設計根拠資料
技術資料
参考文献資料
機能モデルの製作 必要に応じて部分機能モデルを製作して確認します。 機能モデル
詳細設計 「設計結果のアウトプット」
技術計算・検証、部品図、回路図、プログラミングなど、商品を構成する個々の要素を設計し・図面化します。
商品図面
部品リスト
組立図
部品図
回路図
基盤図
ソースコード
設計仕様検証 設計仕様書に照らし合わせて設計結果の検証を行います。 設計評価結果一覧表

STEP3 試作・評価

機構図面、回路図面に基づき技術モデル、商品化モデルを製作し、機能・性能や機械的電気的強度、環境性能などの評価を行います。
そして評価結果から設計の見直しを行い確実な設計を実現します。

試作・評価の工程(部分請負項目)

工程 内容 アウトプット
技術試作 技術試作モデルを製作します。 技術試作モデル
(商品化試作モデル)
設計検証 技術モデルによる設計評価確認を行います。 試作評価結果一覧表
設計修正・設計変更 修正設計・図面修正 修正図面
変更図面
商品化試作 最終商品化モデルを製作します。 商品化モデル
機能・性能・品質評価試験 商品化モデルによる品質評価項目の評価を行います。 品質評価結果一覧表
設計修正・試作品修正 商品化修正設計・図面修正 修正図面
変更図面
機能・性能確認 残りの品質評価項目の評価を行います。 品質評価結果一覧表

STEP4 量試・量産

量産品を生産する金型を設計・製作し、量産部品による試作組立を行い量産品の品質評価並びに生産ライン設計をします。
評価試験をクリアしたらいよいよ本格量産・販売です。

量産・量試の工程(部分請負項目)

工程 内容 アウトプット
金型設計 生産のための製品形状の最適化(肉厚、テーパーなど)、取り数、金型サイズなどを決定し、金型を設計します。(成型、プレス、曲げ、トムソンなど) 金型図面
金型製作 金型設計図面に基づき、金型を製作します。 成型金型
プレス/曲げ金型
トムソン型など
金型部品検査(形状・寸法) 金型により製作した部品の仕上がりを検査します(形状、寸法、外観、勘合) 金型部品検査表
金型修正・変更 検査結果に基づき金型の修正・変更、成型条件の見直しを行います。 金型修正・変更図面
量産試作部品手配、組立、生産ライン設計 金型品による量産試作を行うため、一定量の部品を生産または収集し組み立てます。設計者立ち会いの下、組み立て作業手順や生産ラインでの検査項目などの設計を行います。 工程図
作業手順図
検査項目書
量産試作品
量産試作品評価試験 量産試作品による品質評価項目の試験を行います。 品質評価結果一覧表
図面修正・金型修正 試験結果に基づき不具合点の修正、図面修正を行います。 金型修正図
変更図
量産・量産品評価 最終量産品による組立と 確認試験項目の評価 品質評価結果一覧表
発売

Copyright (c) 2005 ASSISTEC Co., Ltd. All rights reserved.


PDFでダウンロードしたい方は以下からご覧下さい。
開発手順(工程) 開発手順(工程)の一覧


上記以外にも商品開発の流れ時にご依頼がございましたら、お気軽にお問い合わせ・ご相談ください。
お問い合わせ



アシステックについて
アシステックはメカ/回路/ソフトの技術総合力によりクライアント様の商品創出を通じて社会に貢献する企業です。

株式会社アシステック
〒577-0045 東大阪市西堤本通東1-1-1 大発ビル7F
TEL:06-6781-7021 FAX:06-6781-7025

【大阪分室】 〒550-0014 大阪市西区北堀江
【枚方分室】 〒573-1105 枚方市南楠葉
【岡山工場】 〒709-1204 岡山市南区西高崎