アシステック ホーム  >   開発実績  >   移植用臓器保存バッグの封入装置

アシステックの実績

【アイコンの説明】
それぞれ、請負項目の各項目と対応しています。

設計・試作・製造 設計・試作・製造    コンサルティング コンサルティング    ものづくりお助け隊 ものづくりお助け隊

No.040 移植用臓器保存バッグの封入装置

実績 写真がありません
設計・試作・製造 ものづくりお助け隊
移植用臓器保存バッグの封入装置
テフロン用レーザ溶着装置の開発

用途

移植用臓器保存バッグの封入

開発のポイント

移植用臓器はドナーから摘出後に保存用バッグに入れて冷凍保管されるが、その性質上袋の封入には高度な気密性が要求される。一方、バッグは超低温保存しなければならないためその材質はテフロンであるが、テフロンは溶融温度が高いため熱溶着による封入条件が非常にシビアである。従来はシートヒーターによる加熱溶着であったが封入性能のバラツキが大きいという問題があった。
今回開発した装置はレーザスキャンニングによる溶着システムで完全自動化することにより、ヒトの手を介さずに一定条件の下で繰返し安定した封入作業が行えるようになったため、現在臨床試験を行っている。

→実績一覧に戻る


アシステックについて
アシステックはメカ/回路/ソフトの技術総合力によりクライアント様の商品創出を通じて社会に貢献する企業です。

株式会社アシステック
〒577-0045 東大阪市西堤本通東1-1-1 大発ビル7F
TEL:06-6781-7021 FAX:06-6781-7025

【大阪分室】 〒550-0014 大阪市西区北堀江
【枚方分室】 〒573-1105 枚方市南楠葉
【岡山工場】 〒709-1204 岡山市南区西高崎