電子機器・機械の設計・試作ならアシステック

開発実績

開発実績WORKS

開発・設計・試作ものづくりお助け隊
移植用臓器保存バッグの封入装置

No.040 移植用臓器保存バッグの封入装置

テフロン用レーザ溶着装置の開発

用途

移植用臓器保存バッグの封入

開発ポイント

移植用臓器はドナーから摘出後に保存用バッグに入れて冷凍保管されるが、その性質上袋の封入には高度な気密性が要求される。一方、バッグは超低温保存しなければならないためその材質はテフロンであるが、テフロンは溶融温度が高いため熱溶着による封入条件が非常にシビアである。従来はシートヒーターによる加熱溶着であったが封入性能のバラツキが大きいという問題があった。
今回開発した装置はレーザスキャンニングによる溶着システムで完全自動化することにより、ヒトの手を介さずに一定条件の下で繰返し安定した封入作業が行えるようになったため、現在臨床試験を行っている。

どんなことでも相談を承りますので、お気軽にお問い合わせください。

お客様へ

  • 無料相談
  • ご依頼について

パートナー様へ

  • 技術者独立起業支援
  • アライアンスパートナー募集

「困った」に出会ったら、すぐにお問い合わせください!
ZOOMでどこでも飛んでいきます

日本全国どこでも対応可能!

zoom

図面やサンプルを見ながらのお打合せをご希望の方は、ZOOMにてオンラインで打合せさせて頂きます。お急ぎの方は今すぐお電話を!

0667817021
メールでのお問い合わせ
メールでのお問い合わせメールでのお問い合わせ
TOPへ
オンライン相談